簡単につくれるシンプルで美味しいベーグルのレシピ

ベーグルと猫ちゃんのイラスト

ベーグルを作るのはとても簡単です。息を吐くようにベーグルを作ることができます。もしくは、まばたきをするのと同じくらいの難易度で美味しいベーグルが完成します。

私はたまにベーグルを作ります。それは、食パンやバターロールなどよりも簡単に作れるからです。まぁ、食パンも美味しいですけどね。比べるのがおかしいってもんだ!

毎回、Googleドライブに入れているベーグルのレシピファイルを開いて、それを見ながら作っているのですが、とっても手間がかかる!だから、ブログ記事にして、いつでも簡単に見れるようにするべく、イラストで描いてみました。そうなのです、これは自分用の記事なのです。読者のことなんてどうでも良い!「社員が全部悪い!社長の私は悪くありませんから!」精神で行きたいと思います(逆・山一證券)。

スポンサーリンク

必要なもの

分量

  • 強力粉 – – – 400g
  • ドライイースト – – – 4g
  • 塩 – – – 8g
  • 砂糖 (てんさいオリゴ糖) – – – 16g
  • 水 – – – 200cc
4の倍数だと覚えておけば、簡単!

必要な調理器具

  • オーブン
  • 生地を伸ばす麺棒
  • ボウル
  • クッキングシート

ベーグルの作り方

  1. 強力粉、ドライイースト、塩、砂糖、ぬるま湯をボウルに入れて、混ぜる。膨らみが足りない場合、ある程度こねてから塩を入れても良い
  2. 10分こねる(エルボー=ひじ)でやるとなかなかツルツルになります)
  3. 生地を処刑する気合で頑張ろう
  4. ボウルに入れた生地を暖かい所に置いて、膨らむまで30分くらい待つ。膨らんでいなかったら、オーブンの発酵モードを使うと良い。
  5. 膨らんだら包丁で6分割にして丸めて、切り口を下にしてボウルにいれて、クッキングシートをかぶせて10分待つ
  6. 10分経ったら、麺棒で長方形に伸ばす。
  7. 筒状にして、片方をつぶして、もう片方を繋げる (しっかり繋げないと茹でている時に剥がれて、なめくじみたいな形になるので注意!)
  8. お湯800ccくらいに砂糖10gくらいを入れて混ぜ混ぜ
  9. [ オーブンを200℃に温めておく ]
  10. ベーグル生地を片面30秒づつ茹でる80℃あたりをキープして下さい。100℃を超えると生地の表面がぼそぼそになってしまいます)
  11. オーブンで200℃で15分焼きます
  12. 完成!

材料をいろいろ用意してから焼き上がるまで大体1時間半~2時間くらいかかります。

イラストで描きましたので、こちらもご欄下さい。

ベーグルのレシピの手順のイラスト

全粒粉で作っても美味しいベーグル

先日、熊本県の無農薬・無化学肥料の全粒粉を買いました。こちらを、

  • 普通の強力粉 – – – 300g
  • 全粒粉 – – – 100g

といった配合で作ってみました。ドライイーストや塩など、他の材料はそのままです。

ベーグル6個が皿に載っている写真

焼き上がりが茶色が濃くて、とっても美味しそう!

ベーグルがアップで写されている写真

ミネラル豊富っぽい!味はほんのり甘くて美味しかった・・・しかも、外はサクッと、中はふわっとしていて、これはたまりません。生きてて良かったと感じざるを得ませんでした。

美味しく作るポイント

私はパン屋さんではありませんので、プロの方に教わった方が良いかもしれませんが、ベーグルを作ってきて大切だなと思うのは・・・

生地のはしとはしをしっかり繋げる
茹でるときの温度 (80℃あたり)は大事

こちらの2つのポイントを守れば、良い感じのベーグルができると思います。

私もこの2点を忘れずに、これから永遠に生き続けたいと思っています。生死の概念がないベーグルの世界へ!ベーグルを食べて不老不死の世界へ旅立とうではありませんか!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする