ニトリの「点で支える体圧分散敷布団」を買って1週間寝てみたよ

ニトリの点で支える体圧分散敷布団で寝る猫のイラスト

先日、ニトリの「点で支える体圧分散敷布団」テンデササエル3S(17,899円)を買いました!1週間、実際に寝てみたのでレビューをしていきたいと思います。

購入するまでの道のりも含めて、購入にお悩みの方に参考にして頂けたらありがたいです。

スポンサーリンク

買うまでの経緯

なぜ私がニトリの「点で支える体圧分散敷ふとん」を購入したか。

3年以上使ってきた7,500円の敷布団がぺちゃんこにへたってきたからです。実際には購入して3ヶ月で腰あたりが板付き感を感じるようになってきたのです。それを2年7ヶ月我慢して使ってきました。

その後、アイリスオーヤマの布団の下に敷くマットレス(4,500円)をそのぺちゃんこ敷布団の下に敷いて、なんとか寝てきました。

それでも、真ん中だけがどんどんくぼんでいき、まるで谷のようになってきました。そう、風の谷のよう・・・いつナウシカがユパ様に会いに訪れてもおかしくないほどの窪地でした。

比較したもの

当初はニトリの「点で支える体圧分散敷布団」を買うつもりはまったくありませんでした。

検討していた商品は

ニトリのボンネルコイルマットレス「フィルザ2」26,892円(税込)
西川とかムアツの点で支える 健康敷きふとん 21,384円(税込)

こちらの2つでした。

西川の点で支える 健康敷きふとんは

  • 「実際にお試しできるお店がない」
  • 「数ヶ月でへたってきたというレビューを読んだ」
  • 「幅が91cmしかない」

という理由で却下。

ニトリのボンネルコイルマットレス「フィルザ2」の使用感を確かめるべく、ニトリの店舗「福岡西店」へ行ってきました。

「フィルザ2」をお店でごろごろと横たわりながら試してみたら、ニトリのマットレスの中でまぁまぁ硬い方で良かったです。中のスプリングを一切感じなかったので、しっかりと作られていると感じました。

それから、家に帰ってきて、またマットレスについて色々と調べていたら同じくニトリの「点で支える体圧分散敷布団」という商品が出てきました。楽天のニトリ内では一番売れているらしい。

ということで、1週間後、またニトリ福岡西店へ行ってきました。今度は「フィルザ2」と「点で支える体圧分散敷布団」との比較をしてみました。

ニトリ福岡西店の点で支える体圧分散敷布団のコーナーの写真

実際に「点で支える体圧分散敷布団」で寝てみたら硬くて、まるで刑務所にあるような布団みたいでした。

クツのままお試しいただけます、って書いてありますが、靴を脱いだ方がぼこぼこ感がよく分かると思います。

どなたかのレビューに「寝心地が良い」ってありましたが、私にとってぜんぜんそんな事なかったです。ふわっとした感触ゼロ。たぶん、普段、ガンガンに硬い布団で寝ている人が「点で支える」布団で寝ると、柔らかく感じるのかもしれません。

私にとってはグミとマシュマロの中間くらいのような弾力のものの上で寝ているようでした。「体育の授業で使う体操マット」みたい。はっきりいって「めっちゃ硬い」としか言いようがありませんでした。

※ ちなみに、写真の右隣の黒い「プレミアフィットS」という低反発のマットレスは座っただけで板付き感がありましたので却下しました。

でも、「点で支える体圧分散敷布団」で一つだけ良かった点は「寝返りがしっかり打てる」でした。これはスプリングマットレスの「フィルザ2」よりも優れていると思いました。「フィルザ2」は寝返りを打つとき、腕の筋肉をしっかりと使わないと難しいと感じました。それほど、ポケットコイルより硬めであるボンネルコイルを使用していたとしてもスプリング式のマットレスというものは柔らかいものなのだな、って思いました。

ということで、家に帰りました。

なぜ「点で支える体圧分散敷布団」を買ったのか

フィルザ2を買う気満々で、楽天のカートに入れたりしてみたけれど、どうしても「点で支える体圧分散敷布団」が気になってしまって・・・

母に相談をしたら、「柔らかい布団より、硬めの布団の方が腰には良い」と言っていました。

そして・・・

ボンネルコイルマットレスは、へたってきたら廃棄するのが大変そう (引っ越しも大変かも)
点で支える体圧分散敷布団は3分割になっているから、定期的にローテーションすればへたりが軽減できて長く持ちそう
「点で支える~」はダニが寄ってこなさそう(私はダニに悩まされています)
「点で支える~」の方のレビューをくまなく読んだが、「へたってきた」というものは見当たらなかった
ニトリのは西川などと比べるとかなり安い

ということで、一か八かの「賭け」でしたが、「点で支える体圧分散敷布団」を注文する事にしました。購入目的が「へたり回避」「スプリングのマットレスはでかすぎる」などで、寝心地の良さを優先しなかったので、これで良いのだろうかと不安な気持ちもありましたが、「実際に寝たらどんな感じなんだろう?」というワクワク感もありました。

届いたので開封したよ

ニトリの体圧分散敷布団の外側

  • 2019年2月21日 – 注文
  • 2019年2月27日 – 届く

といった感じでした。

でかいですが、そんなに重いほどではありません(5.6kg)。

点で支える体圧分散敷布団 シングル(3 S)
サイズ(約): 幅100×奥行200×高さ8.5cm
主な素材: ウレタンフォーム
保証年数: 1年
重量: 約5.6kg
情報元 : https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/7542458

ニトリ点で支える体圧分散敷布団の写真

思っていたとおりの品物でした。カバーも安っぽくないです。

ニトリの体圧分散敷布団のシリカゲル

乾燥しないようにシリカゲルも入っていた。

ニトリの体圧分散敷布団の裏側

裏はグレーでした。

ニトリの体圧分散敷布団の表面

カバーをはがしてみました。ぼこぼこがしっかりしています。まるで工業製品のようです。工場とかの器具の緩衝材に使われているような男らしい感じ。

西川などの体圧分散敷布団 → きゃぴきゃぴ うふふ
ニトリの体圧分散敷布団 → 筋骨隆々のたくましい工場勤務の男たち

みたいなイメージをして頂けると分かりやすいと思います。

ウレタン臭はどんな感じか

よく楽天とかのレビューに「ウレタンの臭いが気になる」と書かれているのを見かけますが、私はまったく気になりませんでした。むしろ、このウレタンの臭いが好きかも・・・と思ってしまいました。

新商品の匂いというか。CDプレーヤーとかDATレコーダーとか、ああいった音響機器を買って箱から出した時の匂いに近い気がします。それよりもおだやかな匂い。

ウレタン臭が気になる方は、ニトリのお店に行って匂い嗅いでみた方が良いです。

私はこんな感じで寝てます

人間
点で支える体圧分散敷布団
高反発マットレス
除湿シート
– – – – – – – – –
ベッドフレーム
– – – – – – – – –
|              |

点で支える体圧分散敷布団で寝る時の順番

ニトリの体圧分散敷布団のカバーの表面


おすすめ情報

写真では見えていませんが、一番下に敷いている除湿シートは「からっと寝」というものを3年くらい使ってます。これはめちゃめちゃ良いです。布団を畳とかフローリングに直に置いてる人は買った方が良いです。床のじっとり感、濡れ感を防止し、カビが生えなくなります。シートに湿気がたまってきたら、ベランダなどで干すと除湿効果が復活します。4,000円以下で買えるので安いです。

マットレスはアイリスオーヤマの「MTRA-S」です。これを敷いたら良いのかどうか、よく分からないまま敷いています。こちらを下に敷くことで、点で支える敷布団のへたりを抑えることができるのでは?なんて勝手に思っています。

レビューなどを読むと、点で支える体圧分散敷布団の上に敷布団を敷いている方がいらっしゃいますが、私は点で支えられる環境で寝てみたい、と思って上記の図のように寝ています。

ちなみに、まだ寒い日々が続いているので、ほかほかの敷きパッドをかけて使っています。

弾力を確かめてみた

弾力を確かめた動画を撮ってYoutubeに載せましたので、参考にしてみて下さい。5~6分くらいの動画です。

実際に寝てみた日記

1日目

寝付き悪かったが寝れた。

2日目

寝付きが悪い気がした。朝の5時位にようやく寝れた気がした。でこぼこが気になる。なぜ、でこぼこなマットレスを買ってしまったのか。そもそも、なぜでこぼこのマットレスなんて開発したのか?

3日目

寝れた。上半身の部分にタオルケットを敷いて寝ると良い感じ。あばら骨にでこぼこが入ってこないように。

4日目

問題なく寝れた。

5日目

ぐっすり寝れた。物音が気にならないくらい。

6日目

朝は眼精疲労の頭痛で早めに目が覚めた。

7日目

ぐっすり寝れた。一度寝ちゃうと周りの音がまったくわからなくなるくらい寝てしまうようだ。

でこぼこに慣れるまで時間がかかる

楽天などのレビューにあった通り、「でこぼこに慣れるまでしばらくかかる」というのは本当なのだなと感じました。

私はホテルなどに泊まると、初日は寝れなくて神経質な方です。そんな私は慣れるまで2~3日かかりました。特に最初の頃は、横向きで寝ていると、でこぼこがあばら骨あたりに刺さってくる感じが気になりました。

なので、上半身の部分にタオルケットを敷いてみた所、でこぼこが感じられなくなって良かったです。

そして、3日目からはあばら骨へのでこぼこアタックも気にならなくなってきたので、今はタオルケットなしで寝ています。

昨日でもう8日目なのですが、でこぼこはまったく気にならなくなりました。人間は不思議なものですね。

とてもよく寝れるようになった

でこぼこがすごいのに、でこぼこに慣れたら、良い感じで寝れるようになりました。

今でもでこぼこが心地よいとは思わないけれど、一旦寝たら、外の物音が気にならなくなって、起きると「ええっ!もうこんな時間!」っていう具合にぐっすり寝れています。

私は朝になるとトラックとかうるさい所の近くに住んでいて、その音でいつも目が覚めるのに、気にならなくなりました。

あと、体はどこも痛くなっていません。

ちなみに、悩み事があるとか、体温が冷めないまま寝床に入ってしまった、とか、そういった要因が他にある場合は、でこぼこ関係なく寝れないだろうなっていう気はします。

ぐっすり寝れないから「点で支える体圧分散敷布団」を買ったわけではなかったので、別にどちらでも良かったのですが、しっかり寝れて良いなと感じました。

カバーを洗濯してみたよ

洗濯ができるのはカバーのみです。

酸素系漂白剤は液体を使用せよ、的なことがタグに書かれていましたが、私は粉末のシャボン玉石鹸の過炭酸ナトリウムを溶かして使いました。でも、特に問題ありませんでした。液体の過炭酸ナトリウムなんてあるのでしょうか?

柔軟剤代わりに「クエン酸」を溶かした水を入れました。

ニトリの点で支える体圧分散敷布団のカバーを洗濯した後の写真

カバーを本体から外すのは簡単でしたが、はめるのがなかなか大変でした。

本体のウレタンは3つに別れていますが、カバーは1つの布に3つのウレタンをはめこめるように数珠つなぎのようにつながっているので、少しだけ難しいんです。一つはめこんだら、裏返してはめこんでいくのが良いと思います。結構、ぎゅうぎゅうな感じです。

それと、上・中・下の本体をそれぞれ変えてローテーションしてみました。

あと、ニトリの方にお願いですが、替えのカバーを販売して頂けると助かります。破損した場合、どうすれば良いのかしら。

またウレタンをローテーションしてみた

中のウレタンを交換して2回目になります。時間を計ってみたら、1回入れ替えをするのに17分もかかりました。なかなか手こずります。

購入すべきかどうかの苦悩

買った人の口コミを調べていくと、「腰が治ったという方」がたくさんいる反面、「2ヶ月使用して腰が悪くなった方」や「体に合わなくてメルカリに出品されている方」を見かけました。

特に腰痛に悩んでいる人は、購入すべきかどうかとっても悩みますよね・・・こればかりはいくらレビューを読んでも、ニトリのお店で短時間寝てみても、やはり実際に自分がパジャマを着て一晩寝てみないと分からないです。しかも、一晩だけでは分からないです。慣れるまでの期間も人それぞれですしね。

なので、「賭け」としか言いようがないです。

とりあえず、

買ってみて自分の体に合わなかったらお客さん用として使う、などといった用途の使い回しができる人
チャレンジしてみたい人
へたり回避優先・ダニ回避優先の人

におすすめしたい気がしました。

逆におすすめできない人は・・・

慣れるのに時間がかかる可能性があるので、すぐ先に面接とか試験とか人生に大事な局面が控えている人

でしょうか。

しかし、1週間先などに大事な試験とかがあっても、ぼこぼこ敷布団でも問題ない!といった細かい事を気にしない方は買っても良いと思います。

腰痛持ちの方はまず、お店で感触を確かめてみる事をおすすめします。

まとめ

まだ1週間くらいしか使っていないので、へたりは分かりません。2年半使った方のブログを読んでみると、まったくへたっていないようなので、期待できる気がします。

安い7,500円くらいの敷布団を買って3ヶ月でへたってしまうのなら、17,000円のへたりにくい敷布団を買ってしまおう!という目的で買いましたが、今の所、へたりそうになく、でこぼこにも慣れて、眠りも良い感じです。

使用具合、へたり具合などをその都度、追記していきたいと思います。

すべての人がでこぼこに慣れるか、腰や体が痛くならないか、ぐっすり寝れるか、は分からないです。「ちょっと買ってみるか!」「どんな感じなのか気になる!」と思える人には良いと思います。私個人は満足しています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする