YAMAHA PCスピーカー「NX-50」を使って3年が経ちました

NX-50と猫ちゃん

福岡に来てもう3年が経ちました。引っ越した2015年に小型スピーカー YAMAHA「NX-50」を買いました。もう使って3年になるということで、レビューをしていこうと思います。

NX-50は有線タイプです。この他にBluetoothタイプの「NX-B55H」がありますが、お金銭的に余裕がある方はBluetoothでも良いかもしれません。

  • NX-50 (有線)- 6000円くらい
  • NX-B55H (Bluetooth)- 10,000円くらい

4,000円くらいの差があるので、私は有線のNX-50を買いました。

  • パソコンから離れた場所に置きたい
  • スマートフォンから無線で音を流したい

とか考えていらっしゃる方はBluetooth付きのNX-B55Hの方が良いと思います。

スポンサーリンク

私の繋ぎ方と用途

ノートパソコンとNX-50

ポータブルハードディスクとUSBハブをはさんで置いています。

NX-50を上から撮った写真

NX-50はパソコンに繋いでもよし、テレビに繋いでもよし、CDプレーヤーに繋いでも良いし、なんにだって繋いでも良いのです。私は

パソコン → オーディオインターフェース(Octo-capture)のヘッドホン端子 → NX-50

という風に繋いでいます。

オーディオインターフェースを持っていなくても大丈夫です。

パソコンのイヤホンジャックからNX-50に付属しているステレオミニケーブルとNX-50に繋げば音が出ます。イヤホンジャックはどのパソコンにもあります。

こんな感じで、パソコンとNX-50をケーブルで繋ぐ

私はこのスピーカーでどんな音を流しているかというと・・・

  • Youtubeの動画
  • 自分の曲の音チェック

などです。

NX-50にはラウドネス機能が付いている (小さい音量になると自動的に低音が出る)のでモニターとして向かないと仰っている方もいらっしゃいますね。こちらは日常的に使っている感じです。あと、MSP5 STUDIOも使っています。

音質はどうなんだ

音質って、何かと比べないと表現できないですよね・・・

他に持っているスピーカーは「MSP5 STUDIO」です。このスピーカーと比べると、「NX-50」は低音あたりがもやっとしていると感じます。

テレビに繋いで、FUJIROCK FESTIVAL 2018のYoutube配信を流したことがありますが、なかなか立派なサウンドになりました。音質はテレビ側の音質調整で低音を少なめにしてみました。

YAMAHA MSP5 STUDIOと比べると、こもりというか音が落ち着いているといった感じでしょうか。高音はMSP5の方がはっきりしています。MSP5は2台で4万円くらいしますので、当たり前といえば当たり前ですけれど。

こもりといっても、ぶわんぶわんしてなんだか分かんないよ!っていうレベルのこもりではないです。私も他の人のレビューを読むまで、「えっ?こもってるの?」って思ったくらいです。何かと比較しないと分からない気がします。それで、MSP5 STUDIOと比較してみて「ああ!」と分かったので、日常生活においてNX-50に不満はなかったです。人によっては、高音が突き刺さる、と感じている人もいるようですので、なかなか人それぞれに感想が異なりますね。

ということで、購入を考えている人はNX-50を持っている友達に聴かせてもらったり、お店に行って試聴するのが一番良いですが、そういった機会がない場合は・・・

とりあえず参考にはなるかなという思いで、Youtubeの著作権フリーのクラシック音楽をデジタルカメラ(CANON P95 – ステレオ – HD画質)で撮影したものを載せてみたいと思います。3分位です

便利機能が良い

30分間、音がない状態だと自動的に電源が切れる「オートスタンバイ」機能が付いています。これは結構便利です。よく電源切るの忘れるので、ありがたいです。

オートスタンバイで自動的に音が切れている状態で、音を流すと自動的に電源がONになって音が出始めます。今、起動までどれくらい時間がかかるのか、スリープ状態でYoutubeで音を出してみたら、0:00の状態で音が出ました。体感的には0.3秒くらいでしょうか。

まとめ

もう使って3年になりますが、壊れたことが一切ないし、音が出ないみたいな不具合ゼロ。ノイズも気になりません。

数万円する高いモニタースピーカーと比べると、気になる点もありますが、5,000円辺りの価格帯で買えるスピーカーは「NX-50」が良いのではないかと思います。10,000円出せるなら、他のメーカーのを検討するのもGOOD。実際にお店に行って試聴して納得できるものを選ぶことをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする