はくちょう座V1489星人が、地球に遊びに来たらどうなる?

この前、地球と他の惑星の大きさを比較したYoutube動画を見て、驚きました。どれだけ地球が小さいか思い知らされたのです。

以前は、おおいぬ座VY星が一番大きい、とされていましたが、Wikipediaを見てみると、はくちょう座V1489星の方が大きいらしいです。それより上はいろいろ不確実な感じですね。とにかく、はくちょう座V1489星はとりあえずめちゃめちゃでかいという話です。

もしこのはくちょう座V1489星に、地球人みたいな生物が住んでいたとしたら、どれくらい大きいのでしょうか。そんな宇宙人が地球に遊びにきたらどんなことになるか?好奇心でいろいろ調べたり、計算してみました (間違っていたらすみません)。

スポンサーリンク

はくちょう座V1489星はどれくらい大きいのか?比較してみました。

直径は・・・ ()の中は地球と比べた比率です

  • 地球 – – – 12742km (1)
  • 太陽 – – – 1391400km (109倍)
  • はくちょう座V1489星 – – – 2300000000km (180505倍)

chikyu-taiyou-hakuchou-hikaku-580

こんな感じです。でかい!でも、でかすぎてよく分からない!

もし、はくちょう座V1489星人がもし地球に遊びに来たら?

はくちょう座V1489星に生物が存在しているかどうかは分かりません。ただ、居ないとも言い切れない。もし、地球と人間の比率と同じような大きさの生命体が暮らしていたら、どのくらい大きいのでしょうか?

地球人と比較してみました。<計算式:(はくちょう座V1489星の直径2300000000km/地球の直径12742km)*人間の寸法)>

地球の人間の身長を160cmとしたら、

はくちょう座V1489星人の場合、289kmになります。

chikyu-hito-580

こんな感じでしょうか。

目の大きさは、

地球人が 縦 1cm、横 3cmとすると・・・

はくちょう座V1489星人は、縦 1.8km、横 5.4km・・・

menohikaku-580

縦だけで、自宅アパートから最寄り駅までの距離と同じような感じですね。

足の大きさは、

私が26cmの靴を履いているので、26cmとしましょう。

はくちょう座V1489星人の場合、46.9kmです。

tokyo2_cm2

だいたい、東京の中心部から、青梅市くらいまでになります。

日本をお散歩するとどんな感じ?

はくちょう座V1489星人が日本をお散歩しにきてみました~~!

asobinikitayo2-580東京湾に片足がずっぽり入るイメージ。身長が289kmもあるので、大気圏まで突入しています。地球で一番深い場所でも10kmくらいしかないので、靴に水が入って濡れる程度でしょう。

歩く振動でとんでもない地震が起き、大津波も発生し、とんでもない事になりそうです。

彼らにとって地球はどう見えているのか・・・

chikyu-bill-80-580

まぁまぁでかい球体としか見えてなさそうです。高さは70~80mマンションくらい。そのくらいの高さの建物といえば、、「川崎市役所第3庁舎」だそうです。

人間の小ささってどれくらいなの?

はくちょう座V1489星人としてみたら、人間はどれくらいの大きさなのでしょうか・・・

逆に人間目線でイメージしてみますと・・・

人間(160cmの場合) → 8.9μm (マイクロメートル)

8.9μmのものなんて言われてもどれくらい小さいのか分かりませんよね。

Wikipedia (長さの比較)によりますと、

典型的な真核細胞の核の直径 → 7μm

ヒトの白血球 → 6~8μm

だそうです。彼ら宇宙人が街を踏み潰しながら歩いても、人間なんて目に見えないくらい小さいですね。

seijin-hikaku-580

まだピンと来ない方に・・・

人間の髪の毛の太さの直径が0.1mm。はくちょう座V1489星人の場合は18mになります

kaminoke-big3

このくらいでかいです。髪の毛の先っちょでつんつんされたら即死。髪の毛=兵器になります。はくちょう座V1489星人が戦争を仕掛けてきたら、100%勝てなさそう。もう血液に入って悪さをしてやる、くらいしか思い浮かびません。

まとめ

単に仮定ですので、本当にそういう生命体がいるのかどうか不明です。まぁ、人間の目に見えないほどの小さい生き物が居るということは、逆に大きい生き物も居るだろう、と想像しますよね。

続く・・・↓

■ L1551-IRS5星人が、地球に来てみました。 | 100光年
http://100kounen.com/?p=1034

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする