アパートで一人で梅干し作り~(漬け編)

umesigoto

前回の 糸島の梅を買ってきましたよ!(梅干し準備編) からの続きです。

今回は梅を漬けていきます。梅干し作りは1日では出来ません。1ヶ月くらいかけて行うものなのです。途中で海外旅行にはいけません。ましてや、永眠もできません。「梅干しを漬けるまでは死なんぞ!」という気合で頑張りたいです。死んでしまったら、棺桶もしくは墓から頑張って這い出て、梅を漬けて下さい。ゾンビでも簡単に作れる梅干し作成法!

梅干し作りの工程は大きく分けて

  1. 梅を漬ける
  2. 梅を赤紫蘇に漬ける
  3. 梅を干す

の3つです。今回は 1 を行います。2 の工程まで進みたいものですが、赤紫蘇が出回るまでブランクがあるんです。

スポンサーリンク

漬けるのに必要なもの・分量

必要なものはこちらです。

umenotuke-bunryou

  • ジップロック – – – 大 (スライドチャック無い方が良いです)
  • – – – 2kg
  • – – – 300g
  • ホワイトリカー35℃ – – – 100cc
  • – – – 40cc

糸島産の梅を使いましたが、もちろん、どこの梅でも問題ありません!

一気にザルとか買わなくても良いです。とりあえず、今必要なものを買っちゃおう。万が一、大失敗してしまったら、買ったザルが無駄になりますからね・・・あと、最低限、バケツはあったほうが良いです。タルがあれば最高。

IMG_4958-m

ホワイトリカーは宝酒造の「果実酒の季節」を使いました。製造個体番号の最後に書かれている「FC」は京都製造だそうです。塩は、赤穂の天塩 (オーストラリア産) を使用しました。酢は福岡産の富有柿100%の「柿酢」です。周船寺の直売所で買いました。400円くらいしましたが、黒酢よりは安いです。

梅干しを漬ける手順

umenotuke-tejun2

  1. 梅を洗う
  2. 梅をキレイなタオルで拭く
  3. ヘタをつまようじで取る
  4. 材料をジップロックに入れる

さっそく漬けよう! (注意点など)

梅がまだ青々としていたら、2日くらい待とう

ちょっと黄色みがかった方が柔らかい梅になりますので、まだガンガンに固く、青々としていたら2日くらい待っておきましょう。

IMG_4939-m

良い具合になったら、漬け作業開始!

IMG_4949-m

まだ青っぽい感じも残ってますが、私はこれくらいで作業始めました。

まずは梅を洗おう!

消毒はされていないと思いますが、ゴミなどが付いているので、水道水で洗って下さい。

IMG_4945-m

ヘタを取ろう!

IMG_4946-m

バケツとボウルとヘタを捨てるトレー、つまようじ、タオルを用意して開始!

IMG_4952-m

梅をバスタオルでゴロゴロさせて乾かそう!

ヘタ取りに夢中で写真撮ってませんでしたが、黒いヘタは分かりやすく存在しているので、簡単に取れます。

家族と一緒に作業するとさっさと終わります。単身の方はお友達を読んで、わいわい喋りながら作業すると楽しいかも。友達が居ない方はラジオでも聴きながらやれば、飽きずにできそう!

ジップロックに材料を入れよう

IMG_4950-m

ジップロックに先ほど書いた材料バンバン入れて下さい。

IMG_4951-m

入れるとこんな感じになります。まんべんなく行き渡らせる必要がありますが、それは到底無理な話です。適当にバンバン入れれば良いと思います。

IMG_4955-m

ダンボールにジップロック梅を入れて、その上にペットボトルなどを乗せて重しにしました。

しかし・・・翌朝にダンボールがびちょびちょになっていました。なので、

IMG_4960-m

こんな風にバケツに入れたほうが良いです。ビニール+ダンボールだと、ビニールに穴があいてたら床がびちょびちょに濡れます。

漬物桶を買っても良かったのですが、ワンシーズンで1回しか使わないのに、場所取るし、買いたくありませんでした。だからバケツ+ペットボトルの方が良いです。

追記 : チャック付きのジップロックを使っていましたが、チャックがなぜか壊れます。なので、チャック無しの方がオススメです。

IMG_4957-m

このようにすみっこに塩がたまっています。指でつまんだり離したりして、溶かしてみてください。完全に溶けなくても、数日すると、自然に溶けてました。

数日後・・・

梅酢がばりばり出てきたら、ペットボトル止めました。柔らかい梅の実が潰れちゃいそうで・・・

毎日、梅酢が物凄い出てきて、袋から染み出てきています。ジップロックって完全に密封できるわけじゃないのね・・・バケツをこまめに洗っておいた方が良さそうです。

このままの状態でカビないか万全なる監視社会の下、赤紫蘇が出回るまで待ちたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする