ADSLが終了!乗り換えるとお得な特典がある光回線プロバイダ一覧

ADSLから光に乗り換えるロゴ

光回線ユーザー歴4年目のK.Wagaでございます。

2023年1月31日にNTT東日本・西日本のフレッツADSLが終了します。また、2024年3月末にはソフトバンクのYahoo! BB ADSLの提供も終了になります。

うちの実家では去年までADSLを使っていました。光回線はどうしても月額料金が高く、工事費もかかることから、ヘビーユーザーではない60代・70代の使い方では、光回線は不必要だと感じ、光回線には乗り換えないでいました。

しかし、2023年には終了してしまうフレッツADSL。一応、NTT東日本では、フレッツADSLの利用者がフレッツ光に乗り換える場合、工事費や事務手数料、インターネット設定などが無料になる特典を受けることができます。しかし、NTT西日本はフレッツ光への乗り換えの割引キャンペーンがありません。

乗り換え先の候補として考えていたのは

  • 「フレッツ光」+「プロバイダー」
  • 「コラボ光」
  • 「他の光回線」

の3つの選択肢があります。

そんな状況下で、いろいろ光回線のプロバイダーを調べてみました。

ADSLから光への乗り換えキャンペーンがあるプロバイダー

2019年6月現在、調べてみた中では、ADSLからの乗り換えキャンペーンを行っているのは「ぷらら光」と「DTI光のみです。少ない!

キャンペーン内容をまとめてみると・・・

ぷらら光 (ADSL→光の場合)

ぷらら光のトップページのスクリーンショット

ぷらら光はADSLからの乗り換えキャンペーンを1年以上行っています。

「工事費 無料」

「事務手数料 無料」

「インターネット接続設定 無料」

「キャッシュバック 20,000円あり」

キャッシュバックは3年以内にぷらら光を解約すると、逆に20,000円没収されるという罰が与えられるので注意。3年間利用するつもりがある方は、安心して20,000円受け取って下さい。解約するかもしれないと考えている方はキャッシュバックの旨を伝えないで下さい。

ぷららからの罰

DTI光 (ADSL→光の場合)

DTI光のページのサムネイル画像

DTI 光も、ADSLから光回線への乗り換え特典キャンペーンを行っています。

キャンペーン内容は

「工事費無料」

「キャッシュバック」(戸建て15,000円 / マンション 13,000円)

ですので、なかなかお得です。

特典をもらうためには「ADSLからの乗り換え特典をゲットしたい」等と申込時にフォームに記述するか、電話で申し込む場合は担当者に伝える必要があるそうです。

ADSLからの乗り換えキャンペーンは無いが、工事費が無料になるプロバイダー

今の所、乗り換えキャンペーンは無いが、工事費無料の所は「DMM光」「nuro光」の2つです。OCN光は終了しました。

OCN光

OCN光のトップページのスクリーンショット

「工事費 無料」(戸建て18,000円 / マンション15,000円)

工事費無料キャンペーンは2019年3月31日まで。

みんな使ってるOCNで安心感あるかも。あと、最近、OCN光でもV6プラスサービスが始まりました。

OCNモバイルONEを使っている人は200円割引になるよ。

OCN 光

DMM光

DMM光のトップページのスクリーンショット

DMM光はADSL乗り換えキャンペーンは行っていませんが、工事費が無料、キャッシュバックがもらえるので、考慮してみると良いかもしれません。

「工事費 無料」

「キャッシュバック (新規)5,000円 」

キャッシュバックもらえるDMMの特設ページからの申し込みが必要。

nuro光

nuro光のトップページのスクリーンショット

So-netの高速光回線サービス「nuro光」も乗り換えキャンペーンは行っていないのですが、新規加入者はキャッシュバックがもらえたり、工事費が無料になるのでなかなか良いです。

「工事費 無料」

「キャッシュバック (新規)35,000円あり」(*1)

「設定サポート 無料」

「無線LANルーター内蔵ONU レンタル無料」

工事費無料・キャッシュバックキャンペーンに期限はありません。

速度は一般的な光回線よりも速いけれど、工事が完了するまで2ヶ月くらい期間がかかりますので早めに申し込むと良いです。連絡ない時はこちらから電話する必要があるかも。あと、回線が繋がるまでnuroのWi-Fiルーターを安くレンタルできます。

キャッシュバックをもらうためにはSo-net公式のNURO特設サイトからの申し込みが必要です。

乗り換えの「お悩みポイント」

ADSLからの乗り換えする際に気になるポイントとして、

とにかくめんどくさくない方法で乗り換える
キャッシュバックや工事費無料のプロバイダーを選ぶ

という感じです。

実家では、フレッツADSLをプロバイダー「ぷらら」で使っています。だから、そのまま、ぷららに電話して申し込めばめちゃ楽ちん。ぷららメールもそのまま。

他のプロバイダーに乗り換えたいという場合は、メールの移行やらホームページの移転などのめんどくさいです。

だけど、オプションサービス(プロバイダーのメールとかホームページ)を使っていないなら、他社の安めな光回線に移っても良いかもしれないです。

夜でも速度が遅くならないプロバイダー

やっぱり、速度が気になります。

速度面ならnuro光が一番速いですが、最近、V6プラスという「混雑する回線を迂回して繋いでくれる」サービスを提供している光回線業者が増えてきました。V6プラスは全国展開されています。

今回、紹介した工事費無料の光回線業者の中でV6プラスを利用できるのは、

「DMM光」

「DTI光」

「ぷらら光」

です。

どのくらいの速さなのかというと・・・

  1. 「nuro光」 (夜も昼も400Mbpsくらい)
  2. 「DMM光」「DTI光」「ぷらら光」(昼は20~300Mbps、夜は最低でも20Mbpsくらい)

という感じです。どれでもYoutubeの動画はバリバリ高画質で見れます。

NTT東日本のフレッツ光に契約する方法はどうなのか

※ NTT東日本の方のみ

ああ、もうNTTのフレッツ光で良いじゃん!とお思いの方もいらっしゃると思います。

NTTで契約をすると工事費などが無料になりますが、月額料金がコラボ光よりも高くなります。

例えば、

「フレッツ光」+「ぷらら」

5,600円(税抜)
2年縛りあり

「ぷらら光」(コラボ)

4,800円 (税抜)
2年縛りなし

やはりコラボの方が安いです。しかも、コラボのほうが縛りがないです(ぷらら光の場合)。

私の実家がぷらら光に乗り換えた話

仙台の実家では「ぷららADSL」から「ぷらら光」へ乗り換えました。

追記 (2018/05/31) : ぷららADSL → ぷらら光に申し込む。

追記 (2018/06/10) : 工事日は7月だと言われる。混んでいるのでしょうね。

追記 (2018/07/05): 今日、工事が行われて開通しました。GE-ONUが取り付けられたそうです。母に頼んで速度を測ってもらったらダウンロード20MB出ていました。transix対応の無線LANルーターではないので、通常のPPPPoEです。

まとめ

工事費や初期費用などについて表でまとめてみました

※ マンションタイプの場合です (支払料金は税抜き)
ぷらら光 DTI光 OCN光 DMM光 NURO光
工事費 0円 0円 15,000円 0円 0円
月額料金 3,600円 3,600円 3,600円 3,780円 4,743円
事務手数料 0円 800 3,000 2,000円 3,000円
速度(最大) 1Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps 2Gbps
インターネット接続設定 0円 なし なし なし 0円
ルータープレゼント なし なし なし なし レンタル無料
キャッシュバック 20,000円 13,000円 なし 15,000円 35,000円

インターネット接続設定のサポートは、「ぷらら光」と「nuro光」しかやってないです。不要な方は無視して良いです。

あと、気を付けたいのは、DMM光の支払い方法はクレジットカード決済のみです。振替は不可です。nuro光(+200円)、ぷらら、DTIは口座振替で支払いできます。

ということで、今、ADSLを使っている人は・・・

– – – – – – – – –

プロバイダーメールをそのまま使い続けたい!


「ADSLと同じ会社の光回線を使うべし」

インターネットの接続の設定を無料でして欲しい!


 「ぷらら光」「nuro光」

メールはGmailなどのフリーメールをメインで使う / 速度が速い回線が良い


 「nuro光」「DMM光」「ぷらら光」「DTI光」

北海道・東北・四国・中国地方に住んでいる / 速度が速い回線が良い


DMM光」「ぷらら光」「DTI光」

– – – – – – – – –

という感じでしょうか。

ぷららではADSL乗り換えキャンペーンは期限が決められていますが、いつも延長していますので焦ることはないと思います。また、DMM光とnuro光の方の工事費無料キャンペーンは期限は定められていません。

どこのプロバイダーが良いのか迷ってしまいますが、時間をかけて調べてみると良いかもしれないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする