プラスチックの白いボールについたキムチの色を消す方法

この所、寒くなってきて、ご自宅でお鍋をする機会増えているかと存じ上げます。チーズ鍋、ミルフィーユ鍋、豆乳鍋など最近は様々なお鍋がいっぱいで、何の鍋を食べたら良いか迷って迷って、50年くらい寝込んでいるかと思います。私はもうかれこれ80年くらい寝込んでいます。前世から寝込んでいるという訳です。

ふざけた話は置いておいて、あたしあたし!ちょっと聞いてよ! この前、キムチを漬けたんです!塩漬けしながら一晩置いた白菜にコチュジャンを絡めたらもう食べられるんです。

スポンサーリンク

ポリプロピレン製の白いボールについた落ちないキムチの赤い色

で、プラスチックの白いボールにコチュジャンを入れたんです。いざ、洗おうとしたら、赤い色がぜんぜん落ちない!洗剤でも無理だし、激落ちくん(メラミンスポンジ)でこすってもほんのちょっとしか落ちない・・・終わったわ。

インターネットで調べてみたら、何やら「日光に当てると落ちる」という情報を知りました。そういえば、以前、カレーの色がついてしまった弁当箱を日光に当てると色が落ちますよ、と言っていた人が居たので、それと同じ原理か!?

さっそく色がついたボールをベランダに置いてみました。

IMG_4302

日光に当てたらどうなった!?

どうせ落ちないんだろうな・・・と数時間立って、ベランダを見てみると・・・

IMG_4303

えええーーーー!うおおおーー!色が落ちている!びっくりして思わず、声を上げてしまいました。

IMG_4304

真っ白です。すごいね~~。

このようにボールじゃなくても、まな板などポリプロピレンの物なら色が落ちると思います。たぶん。

どういう原理で色が落ちるんだろう。たぶん、紫外線が色素を落とすのかもしれませんね。コーヒーや紅茶などを飲んだ後に歯につくステイン着色なども同じ原理で落ちないのでしょうか。今度は歯をむきだしにして、燦々と照りつける太陽の中を歩いてみるしかありません。

ha-aruki

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする