MQAの圧縮率ってどれくらいなの?

mqq

MQA(Master Quality Authenticated)っていう圧縮フォーマットが少しずつ話題になってきてますね。ロスレス?という話もありますけど、これってほんとロスレスなのか?という疑惑もあるみたいですね。ロスレスなのかどうなのかについては、例えばWAVファイル ⇒ MQAファイル ⇒ WAVファイル、に戻してまったく同じファイルになるのかチェックしてみたいですね。

スポンサーリンク

WAV、FLAC、MQAのファイル容量は?

そもそも、MQAの圧縮率ってどれくらいなんでしょうか。と疑問に思ったので調べてみました。WAV、FLACファイルとのサイズ比較です。

WAV 24bit/192kHz
3分 197MB
64分 4152MB (4.15GB)

FLAC 24bit/192kHz
3分 150MB
64分 3150MB (3.15GB)

MQA 24bit/192kHz
3分 30MB
64分 630MB

こんな感じですね。大体ですけれど・・・MQA 24bit/192kHzはCDの16bit/44.1kHz と同じくらいの容量ですね。あとは、実際聴いた感じがどうなのか、という点ですね。foovar2000とかで使えると助かるのですが・・・

普通のCDをMQAにするとサイズはどれくらいに?

私はあまりハイレゾ音源は聴かないのですが、普通のCD、16bit/44.1kHzをMQAで圧縮するとどれくらいになるのか気になります。WAV ⇒ MQAへの圧縮率を見てみると、だいたい1/6くらいになるっぽいですね。

約1時間のCDの場合
WAV ⇒ 600MB
MQA ⇒ 100MB

くらいになるって事でしょうか。MP3の256Kbpsくらいのサイズ量になりますね。それでどれくらい音質が変わるのか興味あります。

※でも、FLACとWAVを聞き比べても、微妙に違いますよね・・・微妙ですけれど。私はCDを全部FLACにしてますが、FLACファイルのまま聴くというより、容量を少しでも抑えてHDDのスペースを空けたい、という気持ちでFLACにしてます。WAVファイルに戻して聴いたりします(明らかにFLACのまま聴くより違うと感じます。高音の伸びとか)。めんどくさいときは、FLACのまま聴いています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする