Dmm mobile と ドコモ 料金どっちが安いの?

それにしても、この頃はSIMフリー、めちゃめちゃ人気出てきてますね。お隣さんもSIMフリー、上の階の奥さまもSIMフリー、もー、SIMフリーじゃない人を探すのが困難なくらい!ってな世の中になっていくのではないかと予想しております。

スポンサーリンク

DMMモバイルとドコモ、どっちが安いの?

最近、気になっているのが、DMM mobile のSIMフリーカードです。

dmmDMMって言ったら、DMM FXなどの証券会社が思い浮かびますが、SIMフリーカードも販売しているんですね。なんかDMMなの?DMN?DMN?って毎回混乱するんですけど、「DMM」が正解ですね。

しかも、このDMMモバイルってドコモよりも安いです。

ドコモ 料金って結構高いですよね~・・・例えば、スマホの場合、、、

[docomo スマホ]
カケホーダイプラン 2700円
spモード 300円
データSパック(小容量)(2GB) 3500円
————
6500円

です。毎月6500円もかかっちゃいます。まぁ、お金がある方、毎月ちゃんと働いていて安定したサラリーマンの方なら普通に払えると思いますけど、実際問題、かなり厳しいです。私みたいな不安定な生活だと毎月何千円も払うのは本当に大変です。フリーターとか派遣の方もそういう風に思っている方、少なくないと思います。

でも、Dmm mobileの場合、

[dmmモバイル]
データ 2GB + 音声会話可能+データもSMS送受信もOK
————–
1470円

です。1ヶ月で2GBを超えると200Kbpsの速度に下がりますが、バースト機能が付いているので、最初の読み込みが速く、情報を手っ取り早く知るだけなら、速度制限されてもそこまでストレスがかからないそうです。しかも、NTTドコモのサービスエリアで可能なので、つながりやすさはドコモの時と同じなんですね。

その上、今まで使っていた電話番号をそのまま引き継ぐことができます。080番号、090番号などですね。でも、できないこと・デメリットもあるので、注意した方が良いです。

DMMモバイルのデメリットもチェックしておこう

dmmモバイルのデメリット
留守番電話 ×
キャリアメール ×
キャッチホン ×
無料通話 ×

となっております。キャリアメールっていうのは、docomo.ne.jp / ezweb.ne.jp / softbank.ne.jp などのメールアドレスです。まぁ、絶対に今のメールじゃなきゃあかん!っていう方は、DMMモバイルなどのsimcardに移行せず、そのままドコモ、au、ソフトバンクのままにしておいた方が良いです!まぁ、こだわらない方は、無料のgmailやYahooメールなどを作って、そちらをメインにすると良いと思います。そうすれば、スマホなどが変わってもずっと同じメールで生きて行けますからね

それと、まだスマートフォン持っておらん!っていう方は、スマホセットもなかなかお得です。例えば、HUAWEI ascend g620s の場合、さっきの1470円に プラスで 999円(24ヶ月分割払い) = 月額2469円で持てるようになります。分割払いなので、もちろん24ヶ月後には スマホ代は払わなくて良いので、1470円だけになります。最初に一括でバシッ!と22000払うのも良いですけど。

ちなみにAmazonで購入するというのも手ですね。2000円くらい安いですし。

Huawei SIMフリースマートフォン Ascend G620S(ホワイト)(LTE対応) G620S-L02/W

新品価格
¥20,380から
(2015/4/10 12:09時点)

あとは、travel sim みたいに、全世界どこへ行っても使えちゃう!的なカードが格安で利用できるとありがたいですね。dmm sim もそうなって欲しいもんです。

こちらのサイトから実際の料金シミュレーションができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする